RECOMMEND
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく (JUGEMレビュー »)
辰巳 渚
家庭教師には関係のない本ですが、どうやったら片付けができる子どもになるのか、知りたかったので。いや〜私が片付けるのが苦手なもので(笑)
RECOMMEND
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45 (JUGEMレビュー »)
芳沢 光雄
算数の解説をしていて、どうやって解説したら良いのか??迷ったときに読んで欲しい一冊です。絵や図を是非参考にして欲しいと思います。
RECOMMEND
ハッピーになれる算数
ハッピーになれる算数 (JUGEMレビュー »)
新井 紀子
分数の存在意義を考えたことはありますか??この本を読んで分数の必然性を強く感じることができました。そこら辺に売っている算数の参考書にはない、
新しい視点で算数を解説しています。これを読むか読まないかで、小学生を教えるポイントが変わってくると思う。
RECOMMEND
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法 (JUGEMレビュー »)
あんびる えつこ
家庭教師とはあまり関係ないですね(^_^;)これは私が子ども時期のお金の教育に興味があって買った本です。家庭教師にはあまり役には立たなそうです。しかし今の子どもの金銭感覚は驚愕するものがあります。そのギャップを埋める上では良い本かもしれません。
RECOMMEND
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック (JUGEMレビュー »)
ロン クラーク
今はこの本がルールだけまとまっている本がありますが、絶対こちらの方がお薦めです。これを読んで、最初に家庭教師を行うときに、生徒に分かっていて欲しいルール帳を書いたほどです(笑)こういう基本的なルールを分からない生徒がたくさんいることは事実ですし、もしかいると先生ですら分かっていないこともあるかも知れません。この本を読みながら、生徒とのルール作りをするというのも、良いかもしれませんね。
余談ですが、日本版では日本の風土に合わせて50のルールになっていますが、本家版は55のルールだそうです。そういわれると残りの5つのルールを知りたいですよね。
RECOMMEND
プロカウンセラーの聞く技術
プロカウンセラーの聞く技術 (JUGEMレビュー »)
東山 紘久
この本を読んでから、生徒のことがより良く理解できるようになりましたし、生徒からの悩み相談をたくさん受けるようになりました(^_^;)内容は専門的に書かれていないので、すぐに理解できます。
家庭教師で生徒と距離がどうしてもある先生にお勧めです。
RECOMMEND
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
「絶対学力」の続編です。と言うより「絶対学力」を上手くまとめた感じです。私はうまくまとまっていなくても「絶対学力」の方が好きですが、家庭教師を始めよう、特に小学生の生徒を受け持とうとしている先生にはぴったりかもしれません。
RECOMMEND
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか?
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか? (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
初めて読んだとき、衝撃を受けました。それまで繰り返してやらせることだけが成功に繋がると信じていたので、あのショックは忘れません。今でも文章問題では絵を描かせる等の影響を受けています。
作者のホームページには小学生を対象とした問題集があります。ちょっと変わった、市販の教材にはないオリジナルな本です。小学生の生徒を受け持っている家庭教師なら、是非そちらも行ってみると良いかもしれません。
RECOMMEND
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!!
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!! (JUGEMレビュー »)
内藤 勝之
勉強の仕方を教える本はたくさんありますが、一番理にかなっている本です。生徒のレベルに関係が少なく、無理のない内容になっています。勉強の仕方が分からない生徒を教えるときにはこの本に書いてあることを念頭に置きながら、教えるとより良いものになるかもしれません。
RECOMMEND
図解コーチングマネジメント
図解コーチングマネジメント (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
教育現場こそコーチングが必要だ。教育現場ではいまだにトップダウン式の教育方法が根強いが、生徒の能力を引き出すという意味で、コーチングは最適だ。家庭教師を行う人には、必須な自己勉強かもしれない。この本はそのコーチングの例を分かりやすく図解している。シンプルな人型の絵を見ているだけでも何となく、自分もコーチングをできそうな感じをさせる。家庭教師の人はこの本は買っても損はしないと思う。
RECOMMEND
塾を学校に―「教育改革」への一石
塾を学校に―「教育改革」への一石 (JUGEMレビュー »)
高嶋 哲夫, 小篠 弘志
塾講師や家庭教師を志す人なら読んでおいても損はないと思う。ただ内容は少し過激なのでそのまま真に受けないように注意して欲しい。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

『杏壇』-kyodan-

『杏壇』の菊地基之がお送りするブログです。塾や家庭教師の話題を中心に、教育の話を書き綴りたいと思います。
教育関係者以外のブログ(特に商業系)からのトラックバックは削除させていただきます。
判断基準は管理人の独自の判断とさせていただきます。
野菜摂取
毎食野菜を採るようにしています。
と言うより単に野菜が好きなのかもしれませんが(笑)
最近のお気に入りはベビーリーフとフライドオニオン。
フライドオニオンは買ってきたばかり何だけど、
毎回かけているせいか、もうなくなってきた。
ご飯とふりかけのように、サラダのふりかけ感覚。
タマネギがダメな人でもあまり匂いがしないから、
大丈夫・・・・かなぁ(^_^;)
ずっと前からのお気に入りは「ピエトロ」。
これは少し価格は高いけど、ピエトロはやっぱりおいしい。
おいしいから売れているんだろうなぁ。

そういえば小山市にピエトロのお店があった!!
今もあるのかなぁ??しばらく行っていないから、行きたい。

| 日記 | 23:51 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
鍋でご飯を炊く♪
今日はご飯を鍋で炊いてみた。
最近鍋で炊くのが気に入っている。

きっかけは古いお米。
きっと古々々々米ぐらい古いお米。
多分お米の水分もあまり残っていない。
だから普通の電気炊飯器で炊くと
食べられたものじゃない。
だから捨てられてしまう運命だった。
でも「何とか食べられなかいかなぁ??」と
お米をといだ後、放置する時間を長くしたり、
蜂蜜を入れたり、炭を入れたり、
色々工夫したけど、食べられなかった。
それじゃ、本格的に捨ててしまおう、
と思ったが、「鍋でご飯が炊けたらかっこいなぁ」
とどうせ捨てるならその古々々々米で
鍋でご飯を炊く練習をしようと思った。

インターネットで色々調べて鍋で炊いてみたら、
今までどんな工夫をしても食べられなかった古々々々米が、
すごくおいしいとは言えないけど、
そこそこ食べられる範囲になった!!
鍋で炊くって意外と感動が大きい。
それからはまっています(^^)

鍋(できれば厚め)に通常通りといだ米と水。
最初は強火で沸騰して蒸気が激しく出るまで、
時間でだいたい5分ぐらい。
次に中火で12分〜15分ぐらい。
火を消すタイミングは、お米の炊ける音。
「ジジジジー」が「ミリミリミリ」って感じになったら消す。
この擬音分かるかなぁ(笑)
火を消して蒸らしタイムは10分。
これだけ。キッチンタイマーがあれば意外と簡単。
どうぞ、お試しあれ〜

今日はカレーに鍋で炊いたご飯。

| 日記 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コンプライアンス
私は家庭教師・塾講師以外の仕事をしたことがある。
大学を卒業してすぐスーパーの店員になった。
そこで一番驚いたのは、
労働に関する法律が全く無視されていることだった。
「会社存続がかかっています。
サービス残業は同胞として当然です。
もしできないのなら会社は潰れます」
今でこそ、様々な事件を受け、
コンプライアンス(法令遵守)を重要視する傾向にある。
しかし「『サービス残業』は当然」という風潮はなくならない。

それは「利益追求」や「効率化」を
労働力のみで解決しようとしている旧体質に問題がある。
真の効率化とは労働力ではなく頭でするべきなのだ。
だが、多くの旧体質の雇用者は「労働力」で
「利益追求」や「効率化」をしようとしている。

今、多くの企業事件が起こっている。
それは旧体制が現代に合わしきれず、
無理が露呈した例だ。

「ニート」や「フリーター」の問題が深刻化している。
『仕事をしていると敗北感がある』と言う「ニート」。
『時間で働きたい』と言う「フリーター」。
そう思って正社員として働く気を失わしてしまう原因は、
私は雇用者のそういった横暴な意識にあると思う。

コンプライアンス。
今、企業に求められる最低限度の約束事だ。
是非守って頂き、より良い社会にして欲しいものだ。



「ニート(NEET=Not in Employment, Education or Training)」
| 日記 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復活と言えば・・・
キーボードの「は」も復活したけど、
ブログで有名な眞鍋かをりさんは、
彼女が間違って上書きして消しちゃった記事が復活していた。
私が唯一こまめにチェックしているブログなんだけど。
どうやらトラックバックやキャッシュから復活したらしい。
やっぱりすごいねぇ。人気のブログは違うねぇ。
| 日記 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
焦った(汗)
午後ブログを書いていると
今日に限ってミスキーが多い。
原因を追究しようと、
キーボードを一字一字確かめると、
キーボードの「は」のキーの反応がない(>_<)

焦った。

ノートパソコンなので、
キーボードを取り替えることは容易ではない。
外付けのキーボードになるのだろうか??
画面と、キーボードの距離が遠くなるなぁ・・
USBは空きが少ないからなぁ、と考えがよぎった。
とうとうこのパソコンも限界なのか??
確かに最近ファンの音が大きくなっている。
そりゃ、人並以上に使っているし、
人並み以上にパソコンに負荷をかけている。
パソコンを買い換えるお金はないから、
誰から中古でパソコンを買おうかなぁ??


と考えながら、
強く「は」を叩くと、
メモ帳に「は」の文字が。
反応はする。
キーボードをキーを剥がすと、
何と小さなご飯粒が・・・
それを取り除き・・・
キーを元に戻すと・・・

復活!!!

良かった〜。
と言うことで現在もこのパソコンでブログを書いています。
掃除はこまめにしましょうね♪

| 日記 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三件の電話
普段電話なんかあまりないのに、
たくさんかかってきた。

まず、高校時代の友人から。
高校時代の同級生が、
「『ミス○○』をやっているよ」という報告。
ホームページを調べたら本当に『ミス○○』として
活動していたからびっくり!!

次に友達が再就職先を受けるという報告の電話!!
頑張れ!!決まるといいねぇ☆
結果が分かったら教えてね(^^)

次に某飲食チェーン店の教育担当者からだった。
先週某飲食チェーン店に行ったのだが、
そこで接客に問題があった。
その場は我慢したのだが、
どうしても納得できなかったことで、
ネットからクレームの連絡を入れたのだ。
直接その場でクレームを入れることはあっても、
ネットからクレームを入れたのは初めてだった。
クレームといっても怒り口調でなく、
提案型の文章を書いた。
『こうしたらどうだろうか??』と言う感じだ。
相手の人もそれを読み取ってくれたみたいで、
誠意のある対応にクレームを入れて良かったと思った。

クレーム入れるというと、
ネガティブなイメージや「そこまでしなくても・・・」と言う
意識があるかもしれない。
しかし私はその某飲食チェーン店が
好きだからこそ、期待しているからこそ、
もっと良くなって欲しいという応援メッセージが込められている。
初めて行った店なら、もう行かなければよいことなのだ。
もちろん「クレーマー」と呼ばれる
必要以上にクレームを入れる人にはなってはいけないが。

家庭教師にももし不満があるならば、
是非クレームを言って欲しい。
「毎週顔を合わせるのに・・」とか「先生だから・・」
と言う気遣いは無用です。
きちんと家庭教師に希望を言うことこそ、ありがたいのです。
しかしもし逆ギレをするような先生なら
辞めた方が子どものためかもしれませんが。
| 日記 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祖父の桜
山間の小さな村に母の実家はある。
小学校の低学年までは
よく泊まりがけで遊びに行っていた。
当時でも珍しい茅葺きの屋根だ。
家の真ん中には黒く巨大な柱があり、
大人が抱えられないほどの大きさだった。

自然豊かで、家の後ろ側には山があり、
川は少し歩くと見えてくる。
伯父とキノコ取りに行ったり、
祖父とよく魚を捕りに行った。
山は山菜の宝庫だし、
川には鮎が溢れていた。
魚を捕りに行くと言っても、釣りではない。
祖父は川にハンマーを持っていって、
魚が隠れてそうな川の石をハンマーで割り、
魚が気絶している隙に捕獲する荒技で魚を捕る。
気絶しているだけなので、魚はびくの中で再び泳ぎ出す。

祖父は私にすごく優しかった。
孫で唯一の男の子だったし、
私も優しい祖父が大好きだった。
私が小さい頃の祖父は、
安全靴に大きなお弁当、
工事現場で働いるたくましいイメージだった。

しかし定年退職で仕事を辞めた後は、
急にやせ細り、皮と骨とわずかな筋肉、
次第に酒を飲みまくり、さらに痴呆になっていった。
しかし私が訪ねていくと、非常に喜んで、
腕相撲をするか、いつも同じ戦争の話をしてくれた。

そんな祖父の自慢は家の前にある枝垂れ桜だった。
茅葺きの屋根に枝垂れ桜は絵になり、
通りがかりの人が
「写真を撮らせてください」と頼むぐらいに
立派な桜の木だ。

祖父は散歩の帰りやタバコを買ってきた帰りには、
すぐには家に入らず、
桜の前でしばらくたたずむのが日課だった。
例え、桜が咲いていなくても、だ。
そんな木の前でたたずむ祖父の姿が大好きだった。

数年前、
祖父が死んだとき、私は棺桶に花ではなく桜の葉を入れた。
人が死んで、何も考えられなかったは初めてだった。
晩年は痴呆になっていく祖父にとまどいがあって、
滅多に会いに行かなくなっていた。
もう少し頻繁に祖父を訪ねれば良かったと後悔した。

そして祖父が亡くなって4年が過ぎた。
祖父の家は大規模ダムの計画で沈むことになっていた。
祖父は生前枝垂れ桜を新しい家の庭に移植すると言っていたが、
祖父が死んでからダムの話が出る度、
その言葉は生きているか心配だった。
枝垂れ桜が気になっていて、
母に幾度となく尋ねていた。

そして今日母から連絡があって、
枝垂れ桜の第二の場所が決まった。
祖父の枝垂れ桜は家から15分に場所にある釣り堀に移植するらしい。
私はホッとした。
今度は釣り人相手にきれいな花を咲かせて欲しい。
釣り人なら桜を楽しむ余裕があるだろう。

祖父の桜は今満開だそうだ。

| 日記 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
飲めなかった日
今日は昼はバーベキュー、夜は居酒屋に行きました。
周りは楽しそうに飲んでいたけど、
私は車の運転があったので、飲めませんでした。

でも、
久しぶりの外での食事と会話。
久しぶりの居酒屋での会話。
酒は飲めなかったけど、
どちらも実りのあった会話でした。

みなさんはどんなGWを過ごしていますか??
| 日記 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夕日が延びた時間
陽が延びている。
夕日の時間が長くなったのが何よりの証拠。
大体18時まではまだ明るい。

夕焼け時間。

18時と言えば、家庭教師にとって出勤時間。
冬の暗い時間帯に通勤するのに慣れると、
明るい時間に家を出るのってすごく変な感じだ。

近所の人と挨拶を交わし、授業をしてきます♪
| 日記 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朝食の一品♪

輪切りのトマトにモッツァレラチーズ。
オリーブオイルをかけ、
岩塩、バジル、オレガノをトッピング。
バジルとオルガノの比率は2:1で(^^)
簡単だけど、お気に入りの一品です。


| 日記 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |