RECOMMEND
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく (JUGEMレビュー »)
辰巳 渚
家庭教師には関係のない本ですが、どうやったら片付けができる子どもになるのか、知りたかったので。いや〜私が片付けるのが苦手なもので(笑)
RECOMMEND
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45 (JUGEMレビュー »)
芳沢 光雄
算数の解説をしていて、どうやって解説したら良いのか??迷ったときに読んで欲しい一冊です。絵や図を是非参考にして欲しいと思います。
RECOMMEND
ハッピーになれる算数
ハッピーになれる算数 (JUGEMレビュー »)
新井 紀子
分数の存在意義を考えたことはありますか??この本を読んで分数の必然性を強く感じることができました。そこら辺に売っている算数の参考書にはない、
新しい視点で算数を解説しています。これを読むか読まないかで、小学生を教えるポイントが変わってくると思う。
RECOMMEND
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法 (JUGEMレビュー »)
あんびる えつこ
家庭教師とはあまり関係ないですね(^_^;)これは私が子ども時期のお金の教育に興味があって買った本です。家庭教師にはあまり役には立たなそうです。しかし今の子どもの金銭感覚は驚愕するものがあります。そのギャップを埋める上では良い本かもしれません。
RECOMMEND
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック (JUGEMレビュー »)
ロン クラーク
今はこの本がルールだけまとまっている本がありますが、絶対こちらの方がお薦めです。これを読んで、最初に家庭教師を行うときに、生徒に分かっていて欲しいルール帳を書いたほどです(笑)こういう基本的なルールを分からない生徒がたくさんいることは事実ですし、もしかいると先生ですら分かっていないこともあるかも知れません。この本を読みながら、生徒とのルール作りをするというのも、良いかもしれませんね。
余談ですが、日本版では日本の風土に合わせて50のルールになっていますが、本家版は55のルールだそうです。そういわれると残りの5つのルールを知りたいですよね。
RECOMMEND
プロカウンセラーの聞く技術
プロカウンセラーの聞く技術 (JUGEMレビュー »)
東山 紘久
この本を読んでから、生徒のことがより良く理解できるようになりましたし、生徒からの悩み相談をたくさん受けるようになりました(^_^;)内容は専門的に書かれていないので、すぐに理解できます。
家庭教師で生徒と距離がどうしてもある先生にお勧めです。
RECOMMEND
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
「絶対学力」の続編です。と言うより「絶対学力」を上手くまとめた感じです。私はうまくまとまっていなくても「絶対学力」の方が好きですが、家庭教師を始めよう、特に小学生の生徒を受け持とうとしている先生にはぴったりかもしれません。
RECOMMEND
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか?
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか? (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
初めて読んだとき、衝撃を受けました。それまで繰り返してやらせることだけが成功に繋がると信じていたので、あのショックは忘れません。今でも文章問題では絵を描かせる等の影響を受けています。
作者のホームページには小学生を対象とした問題集があります。ちょっと変わった、市販の教材にはないオリジナルな本です。小学生の生徒を受け持っている家庭教師なら、是非そちらも行ってみると良いかもしれません。
RECOMMEND
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!!
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!! (JUGEMレビュー »)
内藤 勝之
勉強の仕方を教える本はたくさんありますが、一番理にかなっている本です。生徒のレベルに関係が少なく、無理のない内容になっています。勉強の仕方が分からない生徒を教えるときにはこの本に書いてあることを念頭に置きながら、教えるとより良いものになるかもしれません。
RECOMMEND
図解コーチングマネジメント
図解コーチングマネジメント (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
教育現場こそコーチングが必要だ。教育現場ではいまだにトップダウン式の教育方法が根強いが、生徒の能力を引き出すという意味で、コーチングは最適だ。家庭教師を行う人には、必須な自己勉強かもしれない。この本はそのコーチングの例を分かりやすく図解している。シンプルな人型の絵を見ているだけでも何となく、自分もコーチングをできそうな感じをさせる。家庭教師の人はこの本は買っても損はしないと思う。
RECOMMEND
塾を学校に―「教育改革」への一石
塾を学校に―「教育改革」への一石 (JUGEMレビュー »)
高嶋 哲夫, 小篠 弘志
塾講師や家庭教師を志す人なら読んでおいても損はないと思う。ただ内容は少し過激なのでそのまま真に受けないように注意して欲しい。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

『杏壇』-kyodan-

『杏壇』の菊地基之がお送りするブログです。塾や家庭教師の話題を中心に、教育の話を書き綴りたいと思います。
教育関係者以外のブログ(特に商業系)からのトラックバックは削除させていただきます。
判断基準は管理人の独自の判断とさせていただきます。
<< 部活動の功罪(3/7・保護者向け) | main | 部活動の功罪(4/7・保護者向け) >>
虐待がなくなりますように・・・
自己の経験と家庭教師という立場から、
虐待や不登校を何とか防げないものかと模索しているものです。

ブログでの『虐待』と『不登校』の記事の反響が
大きくてビックリしました。
私が大学時代のときは
『存在しないもの』『アメリカの社会現象』だったのに。
『増加』ではなく『表面化』です。

『虐待が現実にあるだ』ということは、
実際に痛ましい事件が起こったり、
本が世の中にたくさん出ることで浸透してきました。

しかしその虐待の連鎖を断ち切った経験談ではなく、
体系化された『虐待の連鎖を断ち切るプログラム』というのは、
日本では目にする機会はまだまだ少ないです。
虐待の根絶を祈るだけではなく、
それを何とか作れないものだろうか、と思っていますが、
何の権利も資格もない
家庭教師という存在では難しく感じているところです・・・



にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ
| 教育 | 07:52 | comments(4) | trackbacks(6) | pookmark |
TBありがとうございます。

未熟な親でしたが、子に育てられなんとか、親続行してます(笑)
虐待がなくなりますように と願わずにはおれませんね。
| mako | 2005/07/09 8:39 AM |

TBありがとうございます。

そうですよね。増加ではなく表面化なんですよね。
表面化されていない虐待がまだまだあると思います。
虐待されている子供を救うと共に、虐待してしまう親の心も救うことが理想的ですよね。
それを実現させるのはなんと難しいことなのでしょう。
| はに〜び〜 | 2005/07/11 4:15 PM |

この世界でいろいろなところで虐待という問題がありますが、皆さんはどう思われるか、学校の授業の一環でやっています、どう思われるかぜひ子の掲示板でその声を聞かせてください。
| シアワセさん | 2005/09/05 9:40 PM |

こんにちわ。はじめまして。私は静岡に住む22歳の女です。
最近、小説の中でですが、虐待について強く興味をもちました。
外国の、ノンフィクションの小説[it(それ)と呼ばれた子]をご存知でしょうか?私は、今ままで夢などありませんでした。好きな事を好きな時にしていやな事はしない。そんな人間でした。この小説を読んで、心から悲しい気持ちになり、悩みました。
何か私にできる事。。。。今はカウンセラーになりたいと思っています。
日本だけでは、なくて世界にむけて。。。。もしよろしければ、
http://spaces.msn.com/members/nana06242000/?owner=1
私のブログを読んでください。やっと見つけた夢という題の記事です。
もしよろしければ、そちら様のHPに、URLを載せていただけると、とても嬉しいです。世の中が、幸せになりますように・・・・。
山本夏子
| なな | 2005/09/15 1:49 PM |










トラックバック機能は終了しました。
hellish house
家や家庭は外でのストレスを解消し、明日への英気を養う場所や社会であるはずである。それが地獄だったら…。20日の読売新聞によると、全国の児童相談所で2004年度に処理した児童虐待の相談件数が、前年度を24%上回る3万2979件に達したという。これは、統
| 『寸胴鍋の秘密』 | 2005/07/09 8:21 AM |
虐待
先日の5歳で親からの虐待で失明した少女(現10歳)のニュースがありました。 警察は「捜査」に2年かかったそうですねぇ〜〜 児童虐待防止法を楯に発見されてから警察の介入ができるのに・・・犯人(親)と接触は一度だったとかと聞くと、ちゃんと捜査したのかなと
| 想 | 2005/07/09 8:36 AM |
「泣きやまない」が引き金 児童虐待死の3割占める
「2003年7−12月に親らの虐待で亡くなった全国の子供25人のうち、40%以上は頭や顔に暴力を受けたことが死因となり、全体の約30%は「泣きやまない」ことが虐待の引き金となっていたことが28日、厚生労働省の専門委員会の検証で分かった。」 ・・・の
| Singlemama blog | 2005/07/09 2:10 PM |
腹が立った一言(by ニュース・ス●ーション 特集)
 全く頭にきた。 児童虐待にスポットを当てた、特集だった。 しかし、残念ながら、ちらがみたのはたった終了間際5分だけ。 結局、児童に対する虐待の原因が何か、何故母親が子供に虐待するか、という所までは扱われていなかったことに腹が立った。 あのような報道
| 夢がかなう日 | 2005/07/09 8:25 PM |
[暮らし] 児童虐待相談、過去最多の3万3千件に 04年度
全国の児童相談所で対応した04年度の児童虐待の相談件数が、前年度比24%増の3万2979件と、統計を取り始めた90年度以降、初めて3万件を超えた。厚生労働省が20日の全国児童相談所長会議で明らかにした。大阪府岸和田市で昨年1月に発覚した中学生虐待事
| newsic | 2005/07/09 8:37 PM |
名前を呼んで
以前から気になっていた本 「”It”と呼ばれた子」 今更って気もしますが、先日古本屋で見つけたので少年期・幼年期・完結編の3部作を纏め買い。 一気に読んでしまいました。   あぁもうなんていうか。。。有り得ない!!これは現実の事なの!? 食事も与えず、
| 月夜の吟醸 | 2005/07/11 4:10 PM |