RECOMMEND
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく (JUGEMレビュー »)
辰巳 渚
家庭教師には関係のない本ですが、どうやったら片付けができる子どもになるのか、知りたかったので。いや〜私が片付けるのが苦手なもので(笑)
RECOMMEND
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45 (JUGEMレビュー »)
芳沢 光雄
算数の解説をしていて、どうやって解説したら良いのか??迷ったときに読んで欲しい一冊です。絵や図を是非参考にして欲しいと思います。
RECOMMEND
ハッピーになれる算数
ハッピーになれる算数 (JUGEMレビュー »)
新井 紀子
分数の存在意義を考えたことはありますか??この本を読んで分数の必然性を強く感じることができました。そこら辺に売っている算数の参考書にはない、
新しい視点で算数を解説しています。これを読むか読まないかで、小学生を教えるポイントが変わってくると思う。
RECOMMEND
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法 (JUGEMレビュー »)
あんびる えつこ
家庭教師とはあまり関係ないですね(^_^;)これは私が子ども時期のお金の教育に興味があって買った本です。家庭教師にはあまり役には立たなそうです。しかし今の子どもの金銭感覚は驚愕するものがあります。そのギャップを埋める上では良い本かもしれません。
RECOMMEND
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック (JUGEMレビュー »)
ロン クラーク
今はこの本がルールだけまとまっている本がありますが、絶対こちらの方がお薦めです。これを読んで、最初に家庭教師を行うときに、生徒に分かっていて欲しいルール帳を書いたほどです(笑)こういう基本的なルールを分からない生徒がたくさんいることは事実ですし、もしかいると先生ですら分かっていないこともあるかも知れません。この本を読みながら、生徒とのルール作りをするというのも、良いかもしれませんね。
余談ですが、日本版では日本の風土に合わせて50のルールになっていますが、本家版は55のルールだそうです。そういわれると残りの5つのルールを知りたいですよね。
RECOMMEND
プロカウンセラーの聞く技術
プロカウンセラーの聞く技術 (JUGEMレビュー »)
東山 紘久
この本を読んでから、生徒のことがより良く理解できるようになりましたし、生徒からの悩み相談をたくさん受けるようになりました(^_^;)内容は専門的に書かれていないので、すぐに理解できます。
家庭教師で生徒と距離がどうしてもある先生にお勧めです。
RECOMMEND
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
「絶対学力」の続編です。と言うより「絶対学力」を上手くまとめた感じです。私はうまくまとまっていなくても「絶対学力」の方が好きですが、家庭教師を始めよう、特に小学生の生徒を受け持とうとしている先生にはぴったりかもしれません。
RECOMMEND
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか?
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか? (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
初めて読んだとき、衝撃を受けました。それまで繰り返してやらせることだけが成功に繋がると信じていたので、あのショックは忘れません。今でも文章問題では絵を描かせる等の影響を受けています。
作者のホームページには小学生を対象とした問題集があります。ちょっと変わった、市販の教材にはないオリジナルな本です。小学生の生徒を受け持っている家庭教師なら、是非そちらも行ってみると良いかもしれません。
RECOMMEND
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!!
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!! (JUGEMレビュー »)
内藤 勝之
勉強の仕方を教える本はたくさんありますが、一番理にかなっている本です。生徒のレベルに関係が少なく、無理のない内容になっています。勉強の仕方が分からない生徒を教えるときにはこの本に書いてあることを念頭に置きながら、教えるとより良いものになるかもしれません。
RECOMMEND
図解コーチングマネジメント
図解コーチングマネジメント (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
教育現場こそコーチングが必要だ。教育現場ではいまだにトップダウン式の教育方法が根強いが、生徒の能力を引き出すという意味で、コーチングは最適だ。家庭教師を行う人には、必須な自己勉強かもしれない。この本はそのコーチングの例を分かりやすく図解している。シンプルな人型の絵を見ているだけでも何となく、自分もコーチングをできそうな感じをさせる。家庭教師の人はこの本は買っても損はしないと思う。
RECOMMEND
塾を学校に―「教育改革」への一石
塾を学校に―「教育改革」への一石 (JUGEMレビュー »)
高嶋 哲夫, 小篠 弘志
塾講師や家庭教師を志す人なら読んでおいても損はないと思う。ただ内容は少し過激なのでそのまま真に受けないように注意して欲しい。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

『杏壇』-kyodan-

『杏壇』の菊地基之がお送りするブログです。塾や家庭教師の話題を中心に、教育の話を書き綴りたいと思います。
教育関係者以外のブログ(特に商業系)からのトラックバックは削除させていただきます。
判断基準は管理人の独自の判断とさせていただきます。
『過ち(あやまち)』と『過ぎる(すぎる)』は
同じ『過』という字を使っている。
人は過ちを繰り返しながら過ごしていく。
だから失敗をしてもよい。
過ちを犯すことを怖れず、時を過ごしていこう。


行きつけの中国茶専門店で
偶然居合わせた住環境プランナーの方に
伺った言葉です。

失敗を怖れるあまり完璧になろうとしてしまう。
完璧になるあまり、余裕もなくなってしまう。
全てにおいて、ギスギスして、マイナスになってしまう。

でも過ちを犯しながら人は生きていく。
だから過ちを犯す自分を許してあげよう。


それにしても最近こんな素敵な出会いが多いです。
| 日記 | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
月亭八方『秘伝書』
落語はあまり聴いたことなかったのだが、
テレビでたまたま月亭八方の『秘書伝』という落語を聴いた。

露天商が客を集めて
「この本一冊あれば一生楽に暮らせる」という『秘伝書』を紹介する。
その本には、
「一ツキ百円で食える方法」
「ただで飛行機に乗れる方法」
「わずかな資本でガッポリ儲ける方法」
が書いてある。

露天商は「欲しい人??」と言って手を挙げさせ、
言葉巧みに、
「これを売って金儲けにしょうとは思てなかったが、欲しい人がたくさんいる。
タダであげようと思ったが、十冊しかない。
この箱の中に五百円玉入れていった人から順番に持って帰れ」と言う。

その本を読むと、
「一ツキ百円で食える方法」とは、一ツキ百円とはところてんの一ツキ。
「ただで飛行機に乗れる方法」とは、パイロットになれ。

そして最後「わずかな資本でガッポリ儲ける方法」とは、
「この本をコピーして売れ」ということだった。


最近のインターネットの情報起業を見ていると、
こんな感じのような気がしてならない。



人気blogランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ




| 日記 | 16:00 | comments(0) | - | pookmark |
買ったぞ〜!!
とうとう念願の「WILLCOM W-ZERO3[es]」を買ってしまった。
便利で、さらにちょっとした調べ物に重宝しています。




| 日記 | 11:54 | comments(0) | - | pookmark |
フォークダンスDE鳴子坂
自分のこと。
久しぶりに教育とは関係ありません(笑)

高校時代、「お笑い芸人を目指すか??バンドをするのか??」
真剣に迷った時代があった。
結局、「バンドの方が格好いい」と親友に押ししきられた。
私は音痴でリズム感もないので演奏することを早々に諦め、
バンドの裏方をしていた。
でも真剣に迷うぐらいお笑いが大好きだ。

元々ドリフ世代だったし、お笑いスター誕生が大好きだった。
だがそのお笑い好きを決定づけたのは、「GAHAHAキング」という番組だった。
今では主流になっているが、当時は珍しい「ネタ出し番組」だった。
10週勝ち抜くと、「GAHAHAキング」になれるということだ。
チャンピオンが爆笑問題やますだおかだが輝いた。
その中で私が一番好きだったのは、
2代目チャンピオンのフォークダンスDE成子坂だった。

彼らのネタは卓越していた。とにかく笑えた。
ネタ作りも匠で、あれほど凝ったネタ作りをする芸人は
当時あまり存在しなかったと思う。
できればもう一度当時のフォークダンスDE成子坂のネタが見てみたい。
「好きな芸人は??」と聞かれれば今でも彼らが一番と答える。
次は絶対この二人が天下を取ると思っていたが・・・
しかし1999年に解散してしまう。

そのフォークダンスDE成子坂の1人村田渚が
11月12日自宅で膜下出血で亡くなったそうです。35歳。
最近では違う相方を見つけ、「鼻エンジン」というコンビを結成し、
再出発をはかっていた矢先の出来事だったらしいです。

もう一度伝説の「フォークダンスDEデ成子坂」が見たい!!


| 日記 | 20:50 | comments(2) | - | pookmark |
生徒と話していた話。
宇都宮で塾講師をしていた頃、様々な相談を受けていた。
空き時間の多い土曜日になると、相談者でいっぱいで、
行列ができ、一日相談で終わることも多かった。
中等部の先生で高等部では授業がないのに
高等部での人気先生ランキングで上位にはいるほどだった(^_^;)

悩みは多岐に渡った。
勉強、友達関係、将来の不安、恋愛、自殺、ドラッグ、病気。
「この塾では問題児ばかり集まるのではないか」と思うほどだった。
俺は生徒から生の声が聞けた分、
どんな生徒でもある程度は理解できるようになっていった。
今思うと、それらの相談されたことは財産だ。
でも逆を言えば、周りにどんな話にも驚かず、真剣に話を聞いてくれる、
相談できる大人はいなかったのかもしれない。

恋愛の相談が多かった。特に女の子は圧倒的に恋愛の話が多かった。
可愛らしい青春恋愛から、
至急保護者との対応が必要なディープなものまで様々あった。
警察騒ぎになって上司から大目玉を喰らったこともある。

相談を受けると必ず言い続けていたのは、
友達や恋愛を関係なく、
「見た目の良さや、お金や品物の代替え物に騙されずに、
自分を高める価値のある相手と付き合いなさい」と繰り返し言っていた。
中学生・高校生は、いや日本全体が、
見た目の良さや代替え物に騙されやすいのかもしれない。
そういう価値判断しか選べなくなっているのかもしれない。

でも自分を振り返ってみると・・・
自分は相手を高めることのできる価値のある人間なのだろうか??
ちょっと質問している人がいるのだが・・どうなんだろうか??






| 日記 | 17:19 | comments(0) | - | pookmark |
ロシアンルーレット
20個入りのシシトウを買ってきた。
そのうちの5本を焼いて食べた。
最初の1本がアオトウガラシで、
メチャクチャ辛かった。
しかし残りは全てシシトウだった。
アオトウガラシとシシトウは見分けが付かない。
この割合でいけば、
あと3本アオトウガラシが混ざっていることになる。

シシトウロシアンルーレットはまだ続く。
| 日記 | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
香り
良い香りはアスファルトに雨が降るとき。
耐えられない匂いは、強い香水。
| 日記 | 16:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
「株屋菊地」
私が中学校三年生だったとき、
私のあだ名の一つに「株屋菊地」と名付けられた。
同級生から名付けられたのではなく、
当時の社会の先生が名付け親だ。
株はあの経済の「株式」のことだ。

私は中学の時、株に興味があった。
どれぐらい好きだったかと言えば、
毎日本屋に行って「四季報」を眺めて、
帰って新聞を読みながら業績と株価を予想していた。
「出来高」「株式分割」「ストップ安」
分からない言葉は本屋の「株式入門」から仕入れた。

その当時、株に魅力を感じたのは
「楽して儲けられそう」と思ったからだ。
情報を集めたり、分析したりするのは好きだったので、
「将来は証券会社に勤めるのも悪くないなぁ〜」と思っていた。

時代は変わった。「バブル崩壊」・・・
しかし「バブルの崩壊」を私は予想できなかった。
土地や株は右肩上がりに上昇していくと信じていたし、
連日下がっていく日経平均に私は愕然とした。
「もし私が実際に株に投資していたら・・・」
そう考えたときから株の情報を見るのを止めた。

そして約10年後、
株の勉強を再びし直したのは
家庭教師や塾講師の仕事を始めたときだった。
公民の経済の正解率が異常に低かったからだ。
面白いことで関心を引きだそうと、
私が選んだ題材が「株」だった。
ある株を実際に買って、
その株価の上下を生徒にプリントで配ったのだ。
もちろん株の仕組みを理解してもらおうと、
色々な図解や、時事ネタと連動した内容を書いた。
父兄からは数件クレームが来た。
「子どもが株を買いたいと言い出したんです」とか、
中には
「ギャンブルを奨励するのは止めて欲しい」という
内容のクレームも頂いた。

その際に株の勉強をかなりした。イメージが変わった。
「株で家をなくした」「株で借金をした」
株をギャンブルと言った父兄は、
この話によるイメージから来ているのだろう。
しかし株式投資では
生活に無理のない投資額、長期保有を前提にしたり、
正確な知識と情報があれば、
家もなくなることはないし、
借金することなど考えにくいのだ。
(もちろん株が0円になってしまうリスクはある)
逆に言うと、生活資金を使って、
間違った知識や情報をつかめば、借金することになるだろう。

よく分類で株の情報が
ギャンブルの分類に入っているのを見ると残念に思う。
株式はギャンブルではない。投資なのだ。

学校で「ファイナンシャル」を勉強するべきだと私は思う。
お金の教育と性の教育は日本ではタブーになっている。
しかし今から生きる子どもに対して、
この二つほど必要な知識はないのだろうか??

ファイナンシャルで考えてみると、
歴史で年表を覚えるよりも、
「保険」の種類を教えた方が
どんなに社会に出てから役立つか分からない。
数学で二次方程式を解くよりは、
複利計算をした方が、自己破産する若者に対して、
どんなに意義があるだろう。

経済と騒がれている。
しかし日本に必要なのは経済のセンスである。
それには経済の教育が必要不可欠だ。
是非、すぐに日本の教育を変えるのは難しいだろう。
だから、お金の教育と性の教育は、
誰かにお金を出して頼んでも、必要なのだ。



人気blogランキングへ
| 日記 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
結婚式
今日は親友の結婚式だ。

その彼とは中学校からの付き合いなので、
もう15年の付き合いになる。
彼とは馬鹿ばかりやってきた。
中学校の文化祭では、映画を作った。
高校ではバンド活動をした。
とにかく二人でいると
新しい「何か」を始めようとしていたし、始めていた。

私は彼を裏切ったことがある。
大学卒業後に、
二人で立ち上げたサークルを私が一方的に脱退したのだ。
私の身勝手だった。
だが数年後、彼はそんな私を許してくれた。
そんな優しく、責任感の強い男なのだ。

だから今日の結婚式が嬉しくて仕方ない。
幸せになって欲しい。

今日はあの時に約束したビールを持っていきます。
二人で乾杯しようと、約束したビールを。





| 日記 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
単位の間違い
家庭教師での出来事。
面積と体積の問題が出てきた。
面積は「平方メートル」、体積は「立方メートル」
と言うのは分かって気いるんだけど、
ど〜しても、
「平方メートル」と「立方メートル」を読み間違えて・・・
先生も混乱(>_<)生徒も混乱(>_<)と言う状態にしてしまいました。
単位は大切だよね!!

そういえば「坪」っていまだに良く分からない単位。
学校で習わないけど、日常でよく使うことの一つだよね。




人気blogランキングへ
| 日記 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |