RECOMMEND
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく
子どもを伸ばすお片づけ―できる子とできない子とではぐんぐん差がつく (JUGEMレビュー »)
辰巳 渚
家庭教師には関係のない本ですが、どうやったら片付けができる子どもになるのか、知りたかったので。いや〜私が片付けるのが苦手なもので(笑)
RECOMMEND
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45
どうして?に挑戦する算数ドリル―子どもの思考力・表現力を伸ばす文章問題45 (JUGEMレビュー »)
芳沢 光雄
算数の解説をしていて、どうやって解説したら良いのか??迷ったときに読んで欲しい一冊です。絵や図を是非参考にして欲しいと思います。
RECOMMEND
ハッピーになれる算数
ハッピーになれる算数 (JUGEMレビュー »)
新井 紀子
分数の存在意義を考えたことはありますか??この本を読んで分数の必然性を強く感じることができました。そこら辺に売っている算数の参考書にはない、
新しい視点で算数を解説しています。これを読むか読まないかで、小学生を教えるポイントが変わってくると思う。
RECOMMEND
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法
「買って!買って!病」24の処方箋―子どものお金にまつわる困った症状の対処法 (JUGEMレビュー »)
あんびる えつこ
家庭教師とはあまり関係ないですね(^_^;)これは私が子ども時期のお金の教育に興味があって買った本です。家庭教師にはあまり役には立たなそうです。しかし今の子どもの金銭感覚は驚愕するものがあります。そのギャップを埋める上では良い本かもしれません。
RECOMMEND
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック
あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック (JUGEMレビュー »)
ロン クラーク
今はこの本がルールだけまとまっている本がありますが、絶対こちらの方がお薦めです。これを読んで、最初に家庭教師を行うときに、生徒に分かっていて欲しいルール帳を書いたほどです(笑)こういう基本的なルールを分からない生徒がたくさんいることは事実ですし、もしかいると先生ですら分かっていないこともあるかも知れません。この本を読みながら、生徒とのルール作りをするというのも、良いかもしれませんね。
余談ですが、日本版では日本の風土に合わせて50のルールになっていますが、本家版は55のルールだそうです。そういわれると残りの5つのルールを知りたいですよね。
RECOMMEND
プロカウンセラーの聞く技術
プロカウンセラーの聞く技術 (JUGEMレビュー »)
東山 紘久
この本を読んでから、生徒のことがより良く理解できるようになりましたし、生徒からの悩み相談をたくさん受けるようになりました(^_^;)内容は専門的に書かれていないので、すぐに理解できます。
家庭教師で生徒と距離がどうしてもある先生にお勧めです。
RECOMMEND
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる
新・絶対学力―視考力で子供は伸びる (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
「絶対学力」の続編です。と言うより「絶対学力」を上手くまとめた感じです。私はうまくまとまっていなくても「絶対学力」の方が好きですが、家庭教師を始めよう、特に小学生の生徒を受け持とうとしている先生にはぴったりかもしれません。
RECOMMEND
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか?
絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか? (JUGEMレビュー »)
糸山 泰造
初めて読んだとき、衝撃を受けました。それまで繰り返してやらせることだけが成功に繋がると信じていたので、あのショックは忘れません。今でも文章問題では絵を描かせる等の影響を受けています。
作者のホームページには小学生を対象とした問題集があります。ちょっと変わった、市販の教材にはないオリジナルな本です。小学生の生徒を受け持っている家庭教師なら、是非そちらも行ってみると良いかもしれません。
RECOMMEND
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!!
中学生の自宅学習法 改訂版―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!! (JUGEMレビュー »)
内藤 勝之
勉強の仕方を教える本はたくさんありますが、一番理にかなっている本です。生徒のレベルに関係が少なく、無理のない内容になっています。勉強の仕方が分からない生徒を教えるときにはこの本に書いてあることを念頭に置きながら、教えるとより良いものになるかもしれません。
RECOMMEND
図解コーチングマネジメント
図解コーチングマネジメント (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
教育現場こそコーチングが必要だ。教育現場ではいまだにトップダウン式の教育方法が根強いが、生徒の能力を引き出すという意味で、コーチングは最適だ。家庭教師を行う人には、必須な自己勉強かもしれない。この本はそのコーチングの例を分かりやすく図解している。シンプルな人型の絵を見ているだけでも何となく、自分もコーチングをできそうな感じをさせる。家庭教師の人はこの本は買っても損はしないと思う。
RECOMMEND
塾を学校に―「教育改革」への一石
塾を学校に―「教育改革」への一石 (JUGEMレビュー »)
高嶋 哲夫, 小篠 弘志
塾講師や家庭教師を志す人なら読んでおいても損はないと思う。ただ内容は少し過激なのでそのまま真に受けないように注意して欲しい。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

『杏壇』-kyodan-

『杏壇』の菊地基之がお送りするブログです。塾や家庭教師の話題を中心に、教育の話を書き綴りたいと思います。
教育関係者以外のブログ(特に商業系)からのトラックバックは削除させていただきます。
判断基準は管理人の独自の判断とさせていただきます。
教え過ぎ
「教える」ことは「押しつける」ことではない。
無理矢理ではいけない。
自分から「知りたい」と言う欲を出させることただ。
その環境を作り出すことだ。

そして先生は生徒に教えすぎている。
それが少しでもパターンが違うと
解けない生徒を作り出している。

パターンを理解させるのではなく、
問題の本質を見極めさせる・・・・かなり難しい。

一つ言えることは、
教えすぎてはいけない。








人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



| 教育 | 12:52 | comments(1) | - | pookmark |
「つくる会」主導の歴史教科書、横浜市の8区で採択 朝日新聞 2009年8月4日13時24分
 横浜市教育委員会(今田忠彦委員長、6人)は4日、来春から市内全18区のうち8区の市立中学校で使う歴史教科書について、「新しい歴史教科書をつくる会」の主導で編集された自由社版を採択することを決めた。同市の公立中で同会主導の教科書が採択されるのは初めて。全145の市立中のうち計71校(在校生徒数約3万9千人)が対象になる。

 同会主導の歴史教科書をめぐっては、路線対立などによる分裂により、当初からの扶桑社版と、今春検定に合格した自由社版という、ほぼ同じ内容の二つが並立する状態になっている。現在、同会主導の教科書を採択しているのは、東京都杉並区、東京都(都立校のみ)などの5教委で、いずれも扶桑社版。今回の横浜市8区はこれまでで最大の採択規模になる。

 この日の教育委員会では、6人の委員が自由社版を含む7社の教科書について審議。「中身が濃くて、読み物として楽しい」「普通の公立中学生のレベルでは難しい」など意見が割れた。市教委の事務局案を踏まえて各委員が18区それぞれについて無記名で投票した結果、港南、旭、金沢、港北、緑、青葉、都筑、瀬谷の計8区で採択された。自由社版の採択は全国初。

 定例会終了後、今田委員長は会見で「自由社の教科書は歴史がわかりやすく書かれている。戦前に逆戻りするとか戦争賛美とか、植民地支配を正当化するような教科書だという風には読めなかった」と強調。「日露戦争の記述では小国日本が大国ロシアに勝った経緯が詳しく書かれ、良い意味での日本人の誇りが感じられる」と評価した。

 横浜市の前回05年の採択の際は、当時委員だった今田委員長が1人だけ、同会主導の教科書について「自国を愛し、繁栄と平和を図る上で効果的」と唱えた経緯がある。委員長を含む教育委員6人は、中田宏・横浜市長が市議会の同意を得て任命する。前回採択時の委員のうち、5人はその後の人事で退いたが、今田氏は残り、06年7月、教育委員長に選ばれた。

 中田市長は、同会主導の歴史教科書を05年8月に採択した東京都杉並区の山田宏区長と松下政経塾で同窓で、今秋にも新たな政治団体「『よい国つくろう!』日本国民会議」を立ち上げようと計画。新団体の基本理念の一つに、「日本人の誇りと自信と夢を回復する」を掲げている。

 同会が主導した歴史教科書は、扶桑社版で01年に初めて検定に合格。植民地支配や戦争の加害の実態を見つめる記述が少なく、国内外から批判を浴びた。

 05年合格の改訂版では、採択率10%という目標を掲げ、教育勅語の原文や「神武天皇の東征」の地図の掲載をやめるなどし、教室で使いやすいようにする記述の変更が目立った。ただ、採択率は0.4%に終わった。今回採択された自由社の教科書は、基本的に、05年に扶桑社から発行された改訂版を踏襲している。



私は歴史が好きだ。
しかしそれは謎が多いからである。
だから中学生が歴史を習い、
それを試験で問うのは難しいと思う。
歴史的な背景や文献の違いで重要語句ですら
教科書ごとに表記が違うのだから。

「『島原の乱』と答えたのですが、『島原・天草一揆』と答えはなっています。正解ですか??」というのが毎年繰り返されている。

また歴史は新事実が出てくる。
聖徳太子はいないかもしれないし、
鎌倉幕府は1192年には既にできていたのかもしれない。
そんな曖昧なものを教えて、
試験問題として良いのだろうか??

繰り返すが、私は歴史は好きだ。
しかし中学1年から中学3年の前半までかけて
歴史は教えることではないと思う。
(指導要領改訂により中学3年の前半まで歴史を教えて良いことになった)
それよりも公民や現代社会をもっと教えるべきではないだろうか??
社会に出ても通じる知識、保険、株、経済、法律・・・・
それらをきちんと学んだ方が良いのではないだろうか??
確かに現代社会の方が動きが速い。
しかしそれに対応する教科書の仕組み、
試験で何を問うのか、
最終的には『社会』という教科の意義、
もう一度考え直す必要があるのではないかと思う。



人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村


| 教育 | 11:24 | comments(0) | - | pookmark |
小6正答率、世帯年収で差=学力テストの追加分析−文科省 8月4日21時53分配信 時事通信
 年収が多い世帯ほど子供の学力も高い傾向にあることが、2008年度の小学6年生を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)を基に行われた文部科学省の委託研究で4日、分かった。学力テストの結果を各家庭の経済力と結び付けて分析したのは初めて。
 委託研究では、5政令市にある公立小100校を通じて、6年生約5800人の保護者から家庭環境などのデータを新たに収集。個人名が分からないよう配慮した上で、学力テストの結果と照合した。
 学力テストには、国語、算数ともに知識を問うA問題と活用力を試すB問題があるが、世帯年収ごとに子供を分類すると、いずれも200万円未満の平均正答率(%)が最低だった。
 正答率は年収が多くなるにつれておおむね上昇し、1200万円以上1500万円未満だと200万円未満より20ポイント程度高まった。ただ、1500万円以上では正答率が微減に転じた。 


普通教育を受けさせる義務がある。
問題は普通教育にある。
残念ながら現代の普通教育は機会均等ではない。
学校を選べない(一部例外)、先生を選べないからだ。
部活動中心の生活を強制され、
さらに部活動を学校の中心に置く先生もいたり、
教育とは遠く存在に義務教育はあるように思えてしまう。

(金銭的なことも含めて)色々な意味で
『余裕のある親』は気付いている。
義務教育は何もしてくれないことを。
ただ学校では「こんな教科がある」という紹介しかしないことを。

しかし余裕のない親は気付かない。
学校の輪もないし、繋がりもない、情報が集まらない。
だから楽観的に学校が何でもしてくれると勘違いしている。
受験時に塾や家庭教師に駆け込む親のほとんどはこういう親が多い。
でもそのときにはもう遅い。

生徒側から見ても希望格差が意欲格差になる。
親の後ろ姿を見る。
親を見て希望が持てるかどうかだ??
仕事を語り、夢を語り、人生を楽しんでいるか??
それとも疲れて、くたびれて、不平不満ばかりこぼすのか??
それが希望格差⇒意欲格差になる。

家庭教師で教えているときに男子生徒がいた。
他の教科は常に上位にいるのに、
英語だけがどうしても成績が上がらなかった。
そしたら母親が
「私ができることなら何でもします」と云ってきたので、
私は英検3級を母親に取ってもらうことにした。
家庭教師では、生徒の宿題と、
母親の英検の用の宿題を用意した。

半年後、母親は英検3級を見事合格した。
もちろん生徒も英語の成績が伸びた。

やはりビール片手に寝っ転がりながら、
会社の愚痴を言った後にでも、
「勉強しろ」と言っても説得力がない。

調査なので、収入に結びつけたいと思う。
だけど、希望格差は意欲格差と言うことを、
念頭に置かなければならない。




人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村


| 教育 | 11:37 | comments(0) | - | pookmark |
4年前
4年前、2005年08月05日。
このブログで、塾を立ち上げることを表明しました。

それは私にとって一大決心でした。
不安ばかり過ぎり、分からないことだらけでしたが、
このブログで知り合った人たちに助けられながら、
塾を完成させることができました。
「理想の塾を作りたい!!」
そんな想いだけで4年間を駈けていきました。
理想と現実にぶつかりながらも
自分なりに理想の塾になってきました。
悲しい思いも、辛い思いも、泣きたくて立てない日もありましたが、
今では樂しく、愉しく、塾運営をしています。

今でも感謝しています。
そんなブログを通じて知り合えた皆さんに
直接感謝のお礼が言えなくて残念に思っています。
機会を作りたいと今でも切に願っています。

もし小さな塾でも良いから、
理想の塾を作りたい方がいらっしゃいましたら、
コメントでも、お声をかけてください。
多額に儲かることは
お教えできないかもしれませんが、
塾を開業することを
何かお手伝いできるかもしれません。
ブログで塾を立ち上げることができたので、
ブログでお礼をしたい、と切に願っています。
| 教育 | 01:23 | comments(0) | - | pookmark |
中学生の6割 英語が苦手8月3日7時56分配信 産経新聞
2009年08月03日(月)産経新聞からの引用

 中学生の6割が英語を苦手だと感じていることが「ベネッセ教育研究開発センター」のアンケートで分かった。
 今年1月〜2月に全国の中学2年生約3000人を対象に調べた。
 英語が得意か苦手か聞いたところ、「とても苦手」(19.3%)、「やや苦手」(32.5%)と6割が苦手意識を持っていた。
 苦手と感じるようになった時期は「中1の後半」が26.6%と多く、6割以上は中学1年のうちに「苦手」と感じていた。
 また「英語が話せなくても将来困ることはない」と感じている中学生は35.0%。英語の活用について「将来、外国に留学したい」は20.4%、「将来、英語を使う仕事をしたい」は14.6%にとどまった。
 小学校からの英語については「内容が簡単だった」「楽しかった」という答えが多い一方、「外国や英語に興味を持った」は41.8%と半数に満たなかった。



 ベネッセは素晴らしいアンケートを取っていると思う。それを公開してしまうところが、ベネッセの素敵なところだし、尊敬することだ。ただし、教育熱を煽るような記事が中心なので、それは保護者の方は頭に入れて欲しい。戦略としては勧誘活動に近いのだろうか。
 もちろん教育産業は恩恵を受けていることは頭に入れておきたい。

 細かく見ていくと、まず残念なのが、中学2年生にアンケートを取ったことだ。中学2年生の1月に「苦手を感じるようになったのは??」という質問の回答は「中1の前半」「中1の後半」「中2の前半」と選択肢が少ないことだ。これは中学生3年生の卒業生、あるいは高校生にアンケートを取るべきだったと思う。

 「英語が話せなくても将来困ることはない」と感じている中学2年生は35%。逆を返せば、「英語が話せないと将来が困るかもしれない」と感じている中学2年生が65%近くはいるということだ。
 留学経験がある方なら分かると思うが、日本の英語(特に受験英語)は海外ではウケは悪い。もっと口語体に表現が必要なのではないだろうか??

 小学校の英語教育については、私は慎重派だ。必要は痛烈に感じるが、人材が揃っていない。小学生の英語を専門に教える学校が今いくつあるだろうか??
 今まで教えてこなかった先生が急に教えるのはあまりにも無理がありすぎる。それを見切り発車するのは、理想は高かったが、急に導入し大混乱、結局マスメディアと教育産業のカモにされてしまった「ゆとり教育」や「総合的な学習」の二の舞になってしまう可能性がある。
 まずは学校の先生を育てる、人材を育てることこそが「小学校英語教育」の始まりになると思う。




人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


| 教育 | 10:04 | comments(0) | - | pookmark |
役員面接
23歳。
半年でスーパーを辞めて、
「やはり教育産業で生計を立てていこう」と決めて、
塾講師パート募集の役員面接で、
「どんな授業をしたいですか??」と聞かれて、
「この塾が儲かる授業をしたいです」と答えました。
「具体的には??」と聞かれたので、
「一コマやらして下さい」とお願いしました。
そのまま授業に中学2年生の数学の授業に出さしてもらい、
役員はその授業風景を見て、即採用してもらいました。
僕からの厳しい条件も飲んでもらいました。
時給も当時としては破格でした。

今から考えると若かったですね。無謀でしたね。
でも儲かる授業をやる自信がありました。
みんなが楽しめて、そこそこ内容の濃い授業。

今は・・・儲からない授業をしています。
みんなが集中できて、真剣になれる一人ひとり違う授業。

今の私なら当時の私を採用しませんね。





人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村






| 教育 | 00:35 | comments(0) | - | pookmark |
部活動の負
前から言っていることですが、
学校での部活動ってやめませんか??
強制参加、半ば強制参加の部活動を
学校で行うのを止めにしませんか??

いや、部活動が悪いとは言っていません。
友と共にスポーツや芸術に親しむことは
とても有意義なことです。

でもそれを学校単位で行うことを止めませんか、
と言っています。
もっと地区や市町村単位で部活動をしませんか??

学校の先生に部活動の負荷を取り除いてあげたい。
その負荷は授業に反映するのです。
そして部活動が学力を下げているのです。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


| 教育 | 16:22 | comments(0) | - | pookmark |
『親』と『子』
行きつけの店があるのですが、
そこの店主は4歳の子どもを持つお母さん。
その人が保育園のお友達からこんなことを聞いたそうです。

「子どもが大人になったときに親を『親』として認めるか??」

自分はどうなんだろう・・・と思ったときに、
私は、私の父親を『親』として認めています。
あまり子育てには参加してくれませんでしたが、
職人気質で、「俺の背中を見て育て」みたいなところがあり、
『父』として、『親』として、『男』として尊敬しています。

でも母親は『親』として認められない部分があります。
母親は寛容で、理解力があり、
感謝することがたくさんあります。
でも認められない部分は小さい頃のダメージ。
さらに多分自分の嫌な部分。
そして今はそれを反面教師としていかしています。

『親』と『子』って難しいんですね。
「親が子どもを自由にできるのは名前だけ」
「子どもは親を選べない」

親が変われば子も変わる例をたくさん見てきましたし、
子が変わって親も変わった例も見てきています。
でもどちらにしても『変わる』ことが大切です。

『親』のために変われますか??
『子』のために変われますか??







人気blogランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ


gooリサーチモニターに登録!
| 教育 | 16:33 | comments(0) | - | pookmark |
素朴な疑問
義務教育って、
社会に出る最低限の知識が学べる、
ってコトですよね??

でも二次関数が、平方根が、
社会に出る最低条件には思えないんです。
10万円借りたときの月1万円ずつ返すと、
合計いくら返済するか、
学んだ方が勉強になると思いませんか??
健康保険の仕組みや年金制度、
あるいは保険一般の知識を付けた方が、
社会的に勉強になるのではないでしょうか??

素朴な疑問です。



人気blogランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ


gooリサーチモニターに登録!
| 教育 | 01:34 | comments(0) | - | pookmark |
挫折
辛いことがあったときに、
みなさんはどうやってその辛さを克服していますか??

やはり人と話すことが一番良いのでしょうね。
挫折も必要です。
挫折することで、
生徒の気持ちも分かるようになります。
その感覚が最近鈍っていました。
挫折して初めて分かること。
今度は成功するように、
練習していきたいと思います。
やはり先生から見本を見せないといけませんよね??
挫折を克服する方法を。
| 教育 | 13:56 | comments(0) | - | pookmark |